新任取締役の経営手帳

取締役のイロハ/ベンチャー・上場会社の経営/会社法などの法制度/時事話題

いろいろとやっかいな「社名変更」対応

全社員の意識改革に最も効果があった施策のひとつが、本社の移転と社名変更でしょう。 by 立石 義雄

四半期開示制度が廃止するかも?

経済団体で「四半期決算はやめましょう」と言い続けています。日本的経営のよさは中長期の視点を持つことです。 by 松下 正幸

ベンチャーの資金調達について

最初の資金調達には一番苦労しました。経営者として、そこが一番頭を使うところだと思います。 by 野尻 佳孝

新たな役員報酬?「日本版リストリクテッド・ストック(特定譲渡制限付株式)」とは?

成績を出した人にボーナスの代わりにストックオプションではなく実株を与えればいいのです。 by 西室 泰三

日経平均のUp/Downで、日常生活への影響はある?

バブル崩壊で、日経平均が4万円弱から1万円以下にまで下がりました。でも、株価が4分の1になったからといって、日本のGDPが4分の1になったわけではありません。 by 松本 大

日本の保育問題の解決方法を思いつきました

清掃活動や学童保育は収益を生みません。 by 野老 真理子

日銀政策決定会合による「フォワードガイダンス導入」、企業への影響は?

私は中央銀行を称して「職業的嫌われ者」と言っています。 by 藤原 作弥

猛暑の経済効果:気温1度上昇で2,900 億円

猛暑の夏はコンビニでは冷やし中華が飛ぶように売れます。 by 鈴木 敏文

取締役の夏休み、会社員の夏休み

夏休みの一週間、まったく仕事のことを考えない。 by 岡藤 正広

メルカリ上場:時価総額4,000億円超

アメリカの多様な人種の中で受け入れられるサービスをつくれば、世界のどこででも通用します。 by 山田 進太郎

「コーポレートガバナンス・コード」が2018年6月に改訂

コーポレート・ガバナンスの本来の意味は「経営者が株主のために企業経営を行っているか監督する組織」のことです。 by 宮内 義彦

 上場/IPOは誰のため?

IPOはスタートラインだという意識でなくてはいけません。 by 牧野 正幸



Copyright © 2016-2018 新任取締役の経営手帳 All Rights Reserved.



[関連サイト]
旅ノート | 落書きノート | トラベルPhoto | 趣味の飛行機 | 経営日記