新任取締役の経営手帳

取締役のイロハ/ベンチャー・上場会社の経営/会社法などの法制度/時事話題

魅力的な「株式報酬制度」はどれか?

ストックオプション、株式の新規公開でいちどに大きな利益を得た人を見て、「お金って怖いなあ」と感じたことが何度もありました。お金は人を狂わせます by 北尾 吉孝

金融商品取引法違反でカリスマ経営者が逮捕

何か過ちを犯したら、きちんと公表して対処すること。これが大切なのです。 by カルロス・ゴーン

コーポレート・ガバナンス報告書での「相談役・顧問等」の業務内容

社長の任期が4年だが、辞めた後が長い。相談役などの名誉職で残るから。 by 小林 喜光

債務超過の決算書には要注意

会社はいくら債務超過であっても、負債が多くあっても、足元の資金繰りがまわれば、継続することができます。 by 川北 英貴

「どのようにして商品を買っていただくか」、販路は企業活動において大切です

企業にとって販路開拓は永遠の課題です。 by 佐藤 誠治

社外取締役の役割とは

僕が偉そうなことを言っていても、3割は間違っている。その3割の誤差を埋めてくれるのが、社外取締役だと思っています。 by 田中 通泰

創業ベンチャーが採用してはいけない求職者の条件

勉強のできる人だけでなく、一芸に秀でたいろいろな人を採用しています。そうしないと、同じような考え方の人ばかりになってしまいます。 by 松下 正幸

いろいろとやっかいな「社名変更」対応

全社員の意識改革に最も効果があった施策のひとつが、本社の移転と社名変更でしょう。 by 立石 義雄

四半期開示制度が廃止するかも?

経済団体で「四半期決算はやめましょう」と言い続けています。日本的経営のよさは中長期の視点を持つことです。 by 松下 正幸

ベンチャーの資金調達について

最初の資金調達には一番苦労しました。経営者として、そこが一番頭を使うところだと思います。 by 野尻 佳孝

新たな役員報酬?「日本版リストリクテッド・ストック(特定譲渡制限付株式)」とは?

成績を出した人にボーナスの代わりにストックオプションではなく実株を与えればいいのです。 by 西室 泰三

日経平均のUp/Downで、日常生活への影響はある?

バブル崩壊で、日経平均が4万円弱から1万円以下にまで下がりました。でも、株価が4分の1になったからといって、日本のGDPが4分の1になったわけではありません。 by 松本 大



Copyright © 2016-2019 新任取締役の経営手帳 All Rights Reserved.



[関連サイト]
旅ノート | 落書きノート | トラベルPhoto | 趣味の飛行機 | 経営日記