新任取締役の経営手帳

取締役のイロハ/ベンチャー・上場会社の経営/会社法などの法制度/時事話題

株式投資の対象にならない会社の条件とは?

今までの経験上、投資NGな会社。 

株式投資の対象にならない会社の条件とは?

 

 

 

資本成長のない会社

株主資本は、株価形成で根幹になる重要な項目の一つです。

毎年度、利益がでれば、それが株主資本として積み上がっていき、
株価も、長期的には上昇傾向になりやすいです。

逆に、株主資本を食い尽くすような財務状況ならば、
株価の動きが不安定になりがちです。

  

TD-netを通じて、やたらと任意開示のリリースを行う会社

決算発表などの適時開示は、当然行なわなくてはいけないものです。

それ以外の情報の開示は「任意開示」という扱いで、
あくまで企業側の自主的な「任意」の開示です。

たしかに、開示直後、株価が反応することがあります。

上場している企業の中には、その株価の反応を狙うかのように、
新サービスや新商品の「任意開示」を毎週のように行っている会社もあります。

開示しないよりは、開示した方がいいわけですが、
情報による株価ではなく、業績に基づいた株価の方が、リスクは少ないです。

 

あきらかに割高な株価の会社

利益や株主資本から見て、明らかに割高な株価になっている企業があります。

そんな状態でも、売買の勢いがついて、株価が上昇していて、
まだまだ伸びていきそうな感じもしますが、
いずれ調整が入り、適正な株価に落ち着きます。

 

財務担当者やIR担当者がコロコロ変わる会社

企業不祥事が発覚する前あたりに、
こういう人たちの動きがあったら、要注意でしょう。

 

社長自身がSNSをやっている会社 

社長自らがツイッターやブログで情報発信することは、珍しくありません。

自分の言葉で、自分の考えを伝えることは、とてもよいことだと思います。

しかし、炎上リスクや情報漏えいリスクもあるので、ほどほどに。

そういえば、
ある会社の公式ツイッターが、社長自らが行っているというのを見ました。

 

会社サイトのIRページが豪華な会社

投資家のために、IRページを良くしようという思いは大切なことです。

しかし、今や多くの投資家は、会社サイトから、情報を直接入手するよりも、TD-netや情報サイトから入手することの方が多いので、IRページが豪華でも、その効果はかなり限定的。

それよりも、決算説明資料等に、自社を深堀りした資料を1ページでも多く追加した方が、効果が大きいと思います。

 

 

 

 



Copyright © 2016-2021 新任取締役の経営手帳 All Rights Reserved.



[関連サイト]
旅ノート | 落書きノート | トラベルPhoto | 趣味の飛行機 | 経営日記


このサイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。

このサイトは、Amazon.co.jpなどを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムの参加者です。