新任取締役の経営手帳

取締役のイロハ/ベンチャー・上場会社の経営/会社法などの法制度/時事話題

「事業と屏風は広げすぎると倒れる」先人の名言

 「事業と屏風は広げすぎると倒れる」を回避するためには。

「事業と屏風は広げすぎると倒れる」先人の名言

事業と屏風は広げすぎると倒れる

これは、ある先輩経営者が、昔ふと話された言葉です。

「なるほど!」と思うことがあり、
この言葉を、今でもよく覚えています。

 

知人の経営者が、
今、いくつもの会社を立ち上げて、事業を始めようとしています。

ベースとなる会社は、数年前に立ち上げたものの、それほど業績はよくなく、おそらく赤字スレスレの状態で、そういう状況にも関わらず、関連する事業を行う会社を2-3社、立ち上げてしまいました。

しかも、どの会社も、その知人が社長やCEOになっていて、
小さな会社だから、社長自らが雑務等で動くということもあり、
時間足りないのではないかと思ったりします。

そんな状況を見て、思い出したのが、
冒頭の「事業と屏風は広げすぎると倒れる」という言葉。

 

もちろん、事業の多角化を成功された企業もあります。
しかし、事業の多角化が失敗し、本業の業績に大きく影響を与えてしまった例もあります。

その成功できた企業と失敗してしまった企業の差、というのは、何でしょうか?

 

先日、Gino Wickman の「TRACTION」というビジネス書を読んでいて、その答えを垣間見たように思います。

  • 社員の思いを束ねるビジョン
  • 活動結果を適宜チェックできる仕組み
  • ワンマン経営から委ねる経営体制へのシフト

など、企業の運営の仕方のヒントがあり、
それらのヒントをうまく吸収できれば、
事業を広げすぎて倒れる、ということがないのかもしれません。

 



Copyright © 2016-2021 新任取締役の経営手帳 All Rights Reserved.



[関連サイト]
旅ノート | 落書きノート | トラベルPhoto | 趣味の飛行機 | 経営日記


このサイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。

このサイトは、Amazon.co.jpなどを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムの参加者です。