新任取締役の経営手帳

取締役のイロハ/ベンチャー・上場会社の経営/会社法などの法制度/時事話題

「平成最後」の入社式

一年ほど前の、2019年4月の出来事の内容です。

「平成最後」の入社式

 

 

平成最後の入社式に臨席

とある会社の入社式に臨席しました。

大学を卒業したばかりで、スーツ姿がまだ馴染んでいなく、フレッシュ感を感じさせる新入社員。

2019年4月で翌月から新しい元号である「令和」が始まりますので、これが「平成最後の入社式」。

その式に出ていて、ふと、私の場合は2000年入社で、それが「20世紀最後の入社式」だったことを思い出しました。

約20年前の話です。

 

 

 

2000年入社の時代背景

入社する前年に、2000年問題があり、前年の新人社員は大変な目にあった、という話を聞いたりしました。

その頃は、一般家庭用のインターネットが、テレホーダイのダイヤルアップで接続し、ADSLが出始めようとしていた時代。スマホやSNSは、まだありませんでした。

2000年頃から、ITや通信が一気に広がったように思います。ちょうど、その頃から社会人になり、IT業界に直接関係のない業種にも関わらず、コンピューターとインターネットの進歩とともに、一緒に歩み始めたようにも感じます。

 

 

 

社員という立場の時代

最初に入社した会社には「労組」というのがあり、入社すると、強制ではないですが、任意で加入させられました。あまり直接の関わりはないですが、賞与や昇給などのテーブルを交渉し、その結果が翌期に反映されるようなことがあり、社会の授業で習ったようなことが、労使交渉というのは、こういうのかというのを実感した思い出があります。(交渉結果で、ベースが低いので、新入社員への恩恵はわずかですが。。。)

そういえば、社員という立場は、最初の数年だけで、あとは取締役などの社員でない立場で、いわゆる雇用主という立場。今では、その期間の方がすっかり長くなってしまっています。

入社したての頃、社長や取締役というのは、社員とは違う、雲のような存在という気がしていました。今や、図太くなったのか、耐性がついたのか。そういうことは、あまり動じなくなりました。

 

 

 

会社側は入社手続きで大変

入社式での新入社員は、会社にとってお客様的な感じです。来たるべき現場にそなえて、入社式まではお気楽な感じだと思います。

一方の、裏方である会社側の人事部等は、けっこう大変です。

私は、ベンチャーの採用みたいなことにも、少し携わり、社員(新入社員・中途社員関係なく)の入社時に会社が行わなければいけない、手続きがけっこうあり大変でした。

思いつくかぎり、列挙すれば、

  • 雇用保険への加入
  • 社会保険(厚生年金、健康保険)への加入
  • 年金番号の把握
  • (扶養家族がいる場合)健康保険被扶養者

  • 住民税の支払い
  • (中途の場合)それらを行うために前の会社の源泉徴収票

 

こういうときこそ、一つの手続きで、自治体や行政の各所の手続きが一度にできる、ワンストップ的ものがあればいいのに、とよく思いました。

今でも、この作業量が、そうたいして変わっていないのは、日本の進歩の無さの現れなのでしょうか。

小さな会社の場合は、外部の専門家にお願いしたほうが、作業漏れが少なくなり、安心です。

www.office-sekiguchi.jp

 

 

上記の手続きの他に、

  • 研修の計画
  • PC等の機器の手配
  • 机等の準備

などなど、必要となります。大会社の採用となれば、大人数となりますので、前々から準備しておかないと、大変なことになるでしょう。

 

 

 ...なんてことを思い出させた入社式でした。

 

実り多き社会人人生が始まりますように!

 



Copyright © 2016-2020 新任取締役の経営手帳 All Rights Reserved.



[関連サイト]
旅ノート | 落書きノート | トラベルPhoto | 趣味の飛行機 | 経営日記


このサイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。

このサイトは、Amazon.co.jpなどを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムの参加者です。