新任取締役の経営手帳

取締役のイロハ/ベンチャー・上場会社の経営/会社法などの法制度/時事話題

「夏休みなし」が2割

夏休みがとれるということ。

「夏休みなし」が2割

 

 

8月中旬、お盆の時期になりました。

この時期に夏休みという会社も多いことでしょう。

 

ある調査によると、

  • 夏休みがある会社員が8割、残る2割は「夏休みなし」だった。
  • 夏休みがある会社員に休暇期間を聞いたところ、「9連休」(22%)が最多で、「5連休」(16%)、「6連休」(11%)と続いた。最大連休日数の平均は「6.5連休」で昨年より0.3日延びた。
  • なお、夏休みを取得する時期は、「8月のお盆周辺」(56.5%)が圧倒的多数だった。
  • 調査対象は全国20歳から59歳までの会社員。サンプル数は1000。

というインターネット調査結果が出ていました。

 

サービス業的な業態は、人によって休んだり休まなかったりとバラバラですが、製造業的な業態の場合、製造ラインを止めて、全社一斉休暇とするところもあることでしょう。

私が会社員時代、当たり前のように夏休みはしっかりととっていました。 だいたい、6月頃と9月頃に夏休み(有給休暇)をとって、夏休みが2回ある感じでした。

 

役員の場合、そもそも労働者という立場ではないので有給制度もなく、24時間365日働いても働かなくとも、いつ休んでもいいのですが。

私が起業した頃は休めなかったです。休めるようになったのは、ビジネスがある程度安定化してから。

 

社員に夏休みをとらすことができる会社というのは、会社にある程度余裕がないととれないということに、自分が経営者になってみて気づきました。

 

しかし、来年2020年の東京オリンピックのときは、会場近くの会社では、強制休みというところもあると聞きますし、どうなるのでしょう。

 

みなさま、よい休みを!

 



欧米ではオンとオフのはっきりしたメリハリを感じます。日本で24時間必死に働いているときに、欧米では2週間、3週間と夏休みをとっている。
by 高萩 光紀

 

 



Copyright © 2016-2019 新任取締役の経営手帳 All Rights Reserved.



[関連サイト]
旅ノート | 落書きノート | トラベルPhoto | 趣味の飛行機 | 経営日記


このサイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。

このサイトは、Amazon.co.jpなどを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムの参加者です。