新任取締役の経営手帳

取締役のイロハ/ベンチャー・上場会社の経営/会社法などの法制度/時事話題

監査等委員の報酬相場

監査等委員の役員報酬の相場について調べてみました。 

監査等委員の報酬相場

 

 

監査等委員会設置会社では、監査役の代わりに監査等委員である取締役がいて、従来の監査役的な役割に加え、社外取締役としての責務も加わります。

監査等委員の役員報酬について、その責任の大きさに見合ったものになっているのか、ふと、疑問に思い、直近の有価証券報告書から10社ほど調べてみました。 

(おそらく、調べれば、役員報酬の統計的なものが、どこかにあるかもしれませんが、)

時価総額は2020年7月中旬のものです。

 

岩塚製菓:社外 年間3.2百万円

  • 時価総額:220億円
  • 監査等委員: 3名 9.6百万円
  • (社外)監査等委員: 3名 9.6百万円
  • 常勤監査等委員:-
  • 社外監査等委員:年間3.2百万円

報酬は月約30万円。

現実感のある金額です。 

 

  

四国銀行:常勤 年間18百万円 社外 年間6百万円

  • 時価総額:332億円
  • 監査等委員: 6名 60百万円
  • 常勤監査等委員: 2名 36百万円
  • 常勤監査等委員:年間18百万円
  • 社外監査等委員:年間6百万円

社外の監査等委員の報酬は月約50万円。

時価総額が低い(失礼!)割には、高い印象です。  

やはり、商品在庫が「お金」という、銀行ならではの現象でしょうか。 

 

 

日本ケンタッキー・フライド・チキン:社外 年間12百万円

  • 時価総額:577億円
  • 監査等委員: 3名 36百万円
  • (社外)監査等委員: 3名 36百万円
  • 常勤監査等委員:-
  • 社外監査等委員:年間12百万円

意外と時価総額が低かった。

しかし、社外の監査等委員の報酬は月約100万円と、意外と高かった。

ベースが外資だからか、けっこうな金額となっています。

 

 

兼松エレクトロニクス:常勤 年間19百万円 社外 年間6百万円

  • 時価総額:1,202億円
  • 監査等委員: 4名 37百万円
  • (社外)監査等委員: 3名 18百万円
  • 常勤監査等委員:年間19百万円
  • 社外監査等委員:年間6百万円

 社外の監査等委員の報酬は月約50万円。

 

  

扶桑化学工業:常勤 年間2百万円 社外 年間8百万円

  • 時価総額:1,439億円
  • 監査等委員: 5名 33百万円
  • 常勤監査等委員: 1名 2百万円
  • 常勤監査等委員:年間2百万円
  • 社外監査等委員:年間8百万円

 社外の監査等委員の報酬は月約65万円。

 常勤よりも社外の人のほうが、報酬が高いというのが「?」でした。

常勤の方は、別途手当があるのでしょうか。しかし、使用人兼務役員にはできないので、この通りなのでしょうか?謎です。

 

 

デンカ:常勤 年間26百万円 社外 年間12百万円

  • 時価総額:2,331億円
  • 監査等委員: 5名 68百万円 (2019.6-2020.3)
  • (社外)監査等委員: 3名 27百万円(2019.6-2020.3)
  • 常勤監査等委員:年間26百万円 *年換算に変換
  • 社外監査等委員:年間12百万円 *年換算に変換

社外の監査等委員の報酬は月約100万円。

 

 

マツダ:常勤 年間38百万円 社外 年間16百万円

  • 時価総額:4,498億円
  • 監査等委員: 6名 109百万円 (2019.6-2020.3)
  • 常勤監査等委員: 2名 58百万円(2019.6-2020.3)
  • 常勤監査等委員:年間38百万円 *年換算に変換
  • 社外監査等委員:年間16百万円 *年換算に変換

 社外の監査等委員の報酬は月約130万円

 

 

京阪ホールディングス:常勤 年間21百万円 社外 年間8百万円

  • 時価総額:5,296億円
  • 監査等委員: 5名 68百万円
  • (社外)監査等委員: 3名 25百万円
  • 常勤監査等委員:年間21百万円
  • 社外監査等委員:年間8百万円

 社外の監査等委員の報酬は月約65万円

 

 

テルモ:常勤 年間41百万円 社外 年間7百万円

  • 時価総額:3.05兆円
  • 監査等委員: 5名 72百万円
  • 常勤監査等委員: 1名 41百万円
  • 常勤監査等委員:年間41百万円
  • 社外監査等委員:年間7百万円

 社外の監査等委員の報酬は月約55万円

 

 

本田技研工業:常勤 年間71百万円 社外 年間12百万円

  • 時価総額:5.13兆円
  • 常勤監査等委員: 2名 143百万円
  • (社外)監査等委員: 4名 50百万円
  • 常勤監査等委員:年間71百万円
  • 社外監査等委員:年間12百万円

社外の監査等委員の報酬は月約100万円 

さすが、「世界のホンダ」ですね。

それよりも、常勤の監査等委員の報酬額にビックリしました。 

 

 

参考)取締役の損害賠償責任

会社法では、取締役の損害賠償責任が定められています。

取締役の判断ミスや、利益相反取引、法の逸脱など、善管注意義務を怠り、会社に損害を与えてしまった場合、会社は、その損害を当該取締役に請求することが出来ます。

なお、限度額が決まっていて、下記のような上限が会社法で定まっています。

  • 代表取締役:年間報酬等の額×6
  • 業務執行の取締役:年間報酬等の額×4
  • 上記以外の取締役:年間報酬等の額×2

不安の場合、保険会社の「会社役員賠償責任保険(D&O保険) 」に入り、万が一の事態に備えることが多いです。

 

 



Copyright © 2016-2020 新任取締役の経営手帳 All Rights Reserved.



[関連サイト]
旅ノート | 落書きノート | トラベルPhoto | 趣味の飛行機 | 経営日記


このサイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。

このサイトは、Amazon.co.jpなどを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムの参加者です。