新任取締役の経営手帳

取締役のイロハ/ベンチャー・上場会社の経営/会社法などの法制度/時事話題

WeWorkの企業価値:大根を5000円で買うかどうか

2019年10月に、ソフトバンク・グループのビジョンファンドが投資していた「WeWork」社で発生した資金繰り問題で、同社の企業価値について紹介されているのを見て、なんとなく、大根の話を思い浮かべてしまいました。

 

WeWorkの企業価値:大根を5000円で買うかどうか

 

 

モノの適正価値 

一本の大根があったとします。

2019年10月現在、大根一本の小売価格は、だいたい200-300円ぐらいです。

もし、大根一本を150円で売られているお店に出会えたら、お買い得と言えます。

逆に、500円ぐらいで売られているのならば、よほど必要な用がない限り、ちょっと買い控えてしまいそうです。

このように、モノには基準となる価格があって、高い・安いというのを判断しています。

 

ここに、一本5,000円という大根があったら、どうでしょう。

よほど特殊な大根なのか、稀少性があるのかもしれません。

しかし、しょせん大根です。

飾って置き続けるわけにもいかず、いずれ食べてしまわないといけません。

何か話題性があり、高級飲食店などでは、需要があるのかもしれませんが、普通の人には、なかなか手が出しにくい価格です。

 

 

5兆円の企業価値?WeWork

報道によるとWeWork社の企業価値は、

  • 2017年:169億ドル

  • 2019年1月:470億ドル(約5兆円)

  • 現在(2019年10月):80億ドル(約8,000円)

というようになっています。

WeWork社は、未上場の会社ですので、上の価格は、資金調達時に投資家が出資したときの企業価値です。

 

 

WeWork社の直近(2018年)の業績は

  • 売上:1,821,751千㌦(約1,800億円)
  • 営業損失:▲1,690,999千㌦(約▲1,690億円)
  • 純損失▲1,927,419千㌦(約▲1,900億円)

この業績で、しかも大きな損失が続いている状態で、5兆円の企業価値というのは、なかなかバリュエーションが高いですね。

 

 

WeWorkの同業他社の価値 

WeWork社と同様なサービスオフィスを行なっている会社として、 IWG(Regus)社があり、それと比較しますと、

  • 時価総額:34.66億ポンド(約4,800億円)

直近(2018年)の業績は

  • 売上:2,535.4 百万ポンド(約3,500億円)
  • 営業利益:154.1 百万ポンド (約215億円)
  • 純利益:105.7 百万ポンド(約147億円)

*2019年10月の為替1ポンド=140円として計算 

 

 IWG(Regus)社の企業価値(時価総額)は、WeWork社と比べると、PER(株価収益率)が約30倍と、リーズナブルというか、説明がつきやすい価格です。

 

高い買い物だなーというのが実感します。

果たして、どうなるのでしょう?

 

 



人類の不幸の大半は、ものごとの価値を計り間違えることによってもたらされる。
by ベンジャミン・フランクリン

 



Copyright © 2016-2019 新任取締役の経営手帳 All Rights Reserved.



[関連サイト]
旅ノート | 落書きノート | トラベルPhoto | 趣味の飛行機 | 経営日記


このサイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。

このサイトは、Amazon.co.jpなどを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムの参加者です。