新任取締役の経営手帳

取締役のイロハ/ベンチャー・上場会社の経営/会社法などの法制度/時事話題

新型コロナ状況下の雑感(2020年4月中旬)

 

今回の新型コロナ状況下での雑感の備忘録。

 

新型コロナ状況下の雑感(2020年4月中旬)

 

 

 

医療の状況

医療体制への負荷が増大。医療従事者は、通常時でも多忙なのに加えて、ゴール見えない緊急対応が続き、精神的・肉体手的疲労が心配。彼らが倒れ始めると、本当に危険な状態に。

病床数を逼迫。感染者で軽症の人をホテル滞在に切り替え始めたが、重症者がますます増え始めることを考えると、中国のように、臨時病院を設置して対応することが必要だが、日本の許認可制度がそれを許すか。

 

 

経済の状況

自社及びクライアントでは、現段階では特に大きな影響はなし。

飲食店や小売などの対人系の業種は休業となっており、現段階では、大きな倒産は起きていないものの、資金枯渇による廃業や倒産が起き、連鎖倒産が起きてくるのも時間の問題か。

経済全体で見れば、生活者の消費意欲はあり、外食から家庭に移ったりなど、外で使うか中で使うかという、消費する場所が変わっているだけなので、リーマンショックや3.11のときとは違う感じが受けられる。

しかし、法人需要での宴会やイベントなどが開催中止・延期となり、その経済損失はジワジワと出てくる可能性が高い。

また、在宅勤務やテレワークで、ある程度の業務ができ、会議もオンラインでできることが実証されると、オフィスそのものの存在価値が薄れてきて、オフィス相場が変化するきっかけになるかもしれない。

 

 

金融市場の状況

3月中旬頃に、急落が起きてからは、4月以降は上昇したり下落したり調整相場。

株式マーケットは、新型コロナの影響で事業休止の影響をうける企業、影響を受けない企業の明雲がはっきり。

テレワークや在宅勤務の影響で、FX取引急増の観測。為替相場を大きく動いたこともあるだろうが、自由時間があることの証か。

金融先物業協会が4月14日に公表した「店頭外国為替証拠金取引の概況」によると、3月の店頭取引(FX)の出来高は1,015兆6,123億円となり、前月比51.94%の大幅な増加となりました。

◆2020年の店頭取引(FX)出来高◆
3月:出来高1,015兆6,123億円、うち円取引937兆1,437億円
2月:出来高403兆0,062億円、うち円取引372兆5,712億円
1月:出来高321兆9,264億円、うち円取引292兆4,317億円

 

 

生活者の状況

「緊急事態宣言」が発令されたが、あくまで「自粛要請」。諸外国のような罰則規定がないので、それほど拘束感はない。

そういう状況ではあるものの、在宅勤務やテレワークに移行し、街に出歩く人は、減ってきている。

3月にトイレ紙・ティッシュ紙が店頭から消え、ティッシュ紙は4月に入り店頭に戻り始めたが、トイレ紙はまだ入手困難。朝、開店前のドラッグストアに並ぶ客たち(なぜかシニアが多い。)。

また、穀物類では、最初お米が店頭から消え、それは復活。今は、小麦粉がお店にない。レトルトやカップ麺系も、学校が休校となってからは、品薄状態。

極端な消費購買活動が、在庫・生産管理を狂わす。

 

 

 

 



Copyright © 2016-2020 新任取締役の経営手帳 All Rights Reserved.



[関連サイト]
旅ノート | 落書きノート | トラベルPhoto | 趣味の飛行機 | 経営日記


このサイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。

このサイトは、Amazon.co.jpなどを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムの参加者です。