新任取締役の経営手帳

取締役のイロハ/ベンチャー・上場会社の経営/会社法などの法制度/時事話題

SDGsとは何か(その8):目標7 エネルギーをみんなに そしてクリーンに

今回は「目標7 エネルギーをみんなに そしてクリーンに」について見てみます。

 

目標7 エネルギーをみんなに そしてクリーンに

 

 

 

SDGsには17の目標が定められています。

その一つである「目標7 エネルギーをみんなに そしてクリーンに」について見てみます。

 

 

SDGs 目標 7 手ごろで信頼でき、持続可能かつ近代的なエネルギーへのアクセスを確保する

 国連の文章によれば、

 

  • 世界人口の13%は、依然として現代的電力を利用できません。
  • 30億人が薪、石炭、木炭、または動物の排せつ物を調理や暖房に用いています。
  • エネルギーは気候変動を助長する最大の要素であり、全世界の温室効果ガス排出量の約60%を占めています。
  • 世帯エネルギーとしての可燃燃料使用による屋内空気汚染により、2012年には430万人が命を失っていますが、女性と女児はその10人に6人を占めています。
  • 2015年、最終エネルギー消費に再生可能エネルギーが占める割合は17.5%に達しました。

上記のような課題として、「クリーン燃料とクリーン技術へのアクセスを拡大」「建物や輸 送、産業における最終用途への再生可能エネルギーの統合」といった取り組みが求められています。 

 

 

各企業における「目標7 エネルギーをみんなに そしてクリーンに」の取り組み事例

大日本住友製薬株式会社

  1. 省エネルギーの取り組み
  2. 省資源の取り組み
  3. 太陽光発電システムの導入(大阪府:総合研究所、大阪研究所)
  4. ハイブリッドカーの営業車両への導入(日本)

 

東日本電信電話株式会社

  1. 環境目標2030
  2. 「低炭素化している未来」を実現するために
  3. 再生可能エネルギーへの取り組み
  4. グリーン電力購入
  5. 業務用車両における取り組み
  6. 社員教育の実施

 

株式会社セブン&アイ・ホールディングス

  1. サプライチェーンにおける環境負荷の低減

 

日本製紙株式会社

  1. 再生可能エネルギーの推進
    木質バイオマスを活用した発電を行っているほか、太陽光や風力などの再生可能エネルギーによる発電事業も推進しています)

 

アルパイン株式会社

  1. 環境にやさしい事業所

 

 

調べてみて:「事業の環境負荷」での取り組みを挙げる企業が多い

この「目標7 エネルギーをみんなに そしてクリーンに」は、「エネルギー」分野に関する目標です。

エネルギー関連の企業は、自社の事業がこの目標に即しているということを説明しているケースもあります。そうでない企業は、事業活動における環境負荷の低減、再生可能エネルギーの利用といった取り組みをあげているケースが多いように感じました。

それはそれで素晴らしいことですが、電力の享受をまだできていない人たちに対する支援というのは、20社ぐらい見た中では、ほとんど見かけませんでした。じっくり探せば、行なっている企業はあるかもしれません。

  



ビジネスモデルを変える必要があるのは発電部門だけではない。送配電も販売部門も、それぞれが新しいサービスを開発して戦う時代が始まっている。
by 勝野 哲

 

 

 

 



Copyright © 2016-2019 新任取締役の経営手帳 All Rights Reserved.



[関連サイト]
旅ノート | 落書きノート | トラベルPhoto | 趣味の飛行機 | 経営日記


このサイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。

このサイトは、Amazon.co.jpなどを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムの参加者です。