新任取締役の経営手帳

取締役のイロハ、ベンチャー、上場会社、会社法・仕組み・概念・手続き、時事話題

「筋肉質」な企業について

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

事業コストについて、ふと考えてみたこと。

 

「筋肉質」な企業について

 

 

以下のような企業があります。

事業内容がだいぶ異なるので、単純に比較するのは、ちょっと無理がありますが、数値だけ並べると、こんな感じになります。なお、記載の数値等は丸めています。

  

  A社 B社
売上高 750億円 160億円
従業員数 約6,000人 約100人
従業員一人当り売上高 12百万円 160百万円
販管費 600億円 25億円
従業員一人当り販管費 10百万円 25百万円
売上高÷販管費 1.25 6.4
営業利益 30億円 50億円

 

 

売上規模は違うが、営業利益は同レベル

A社とB社を比べると、A社の方が、売上高の規模を大きいです。

しかし、その分、販管費も大きくなり、営業利益ベースでは、同額レベルとなります。

 

 

少ない費用で収益を得やすい「収益性」

上記企業を、「従業員一人当りの売上高」「売上高÷販管費」という点でみると、B社の方が、収益性が高く、効率的に収益を得ていることになります。

「筋肉質の企業体質」とも呼べるような形です。

 

 

売上高の伸び代の可能性

B社のこの高い収益性をみると、「従業員を増やせば、その分売上高を増やせるのでは?」と思ってしまいますが、そう簡単には売上は増えるわけではないのです。なお、この企業は、別の側面で、売上高を増やせる要素を持っています。

逆に、A社の方は、従業員を増やせば、売上高を増やせる要素を持っています。

 

 

従業員が多いほど、企業の「社会性」は高い

上企業を、社会的視点でみると、A社の従業員が多いです。

企業が従業員を養っていることと一緒で、さらに、従業員に対する社会保険や税金を納めているわけです。

その分、企業の「社会性」は高い、と言えます。

簡単に言えば、その会社が倒産した場合、影響が大きいわけです。

 

 

「筋肉質」を目指すか、「社会性」を取るか

マラソンに例えれば、B社は無駄肉の少ない「筋肉質」のランナーで、一方、A社は、みんなでワイワイ参加するような「ファン ランニング」のランナーに近いです。

 

自分が、会社を任された場合、経営者として、「筋肉質」と「社会性」、どちらを目指せばいいのか。

「企業は社会の公器」というように、従業員をなるべく多くし、「社会性」を高める、ということが重要と感じつつ、企業の「利益率」という点でみれば、できるだけ少ない費用で利益を産むことも大切です。

この辺のバランスが、経営者の考えが現れやすいかもしれません。 

 

 

料理人と経営者の矛盾

この企業経営のバランスのことを考えていたら、フランス料理店の雄「ひらまつ」の社長の言葉で、「料理人であると同時に、経営者であることの苦労」というような話を思い出しました。

ひらまつの社長は、経営者であると同時に料理人です。料理人としては、美味しい料理を提供したく、どうしても最高の食材を欲しくなります。一方で、経営者という点では、少しても安く食材などを仕入れる、という意識が働いてしまいます。それらを両立させることは苦労する、という内容の話です。

 

料理店に限らず、企業全般にも、同じことが言えるかもしれません。

 

 


料理人と経営者の両立の苦労
by 平松 宏之



Copyright © 2017 新任取締役の経営手帳 All Rights Reserved.

[他のサイト]
落書きノート | トラベルPhoto | 趣味の飛行機 | 経営日記