新任取締役の経営手帳

取締役のイロハ/ベンチャー・上場会社の経営/会社法などの法制度/時事話題

答辯百例:当社のESG対応はどうすればよい?

ESG対応はどうすればよい?

答辯百例:当社のESG対応はどうすればよい?

 

*下の内容は、1年ほどの前の内容となりますので、その後の状況変化等で、内容に相違があることがありますので、ご注意ください。

 

(東証1部上場・製造業)
現在、当社は、ESGに関して、明確な活動や情報発信をしていないが、このままでいいのか?

 

機関投資家側での、ESGを投資評価に組み入れる状況を見ますと、
企業のエネルギー効率、
つまり「どれだけ少ないエネルギーで売上あるいは利益を創出できているか」
という指標が重要になるような気運です。

エネルギー効率のよい企業が、
環境変動リスクの少ない企業というロジックです。

必ず開示すべき項目ということにはならないと思いますが、
エネルギー効率がわかるような内容を開示すると、
ESG投資を謳う機関投資家を取り入れることが可能になるかと思います。

当社が、どのぐらいのエネルギーを使用しているのか、
把握しているわけではありませんが、
感覚的に、
同規模の時価総額・利益額の企業群と比較すると、
エネルギー効率はよい方と思われます。

もし、開示するとしたら、
こまかい明細を出すわけではなく、
説明会資料等に
「使用エネルギー」というのを追加することで対応できます。

また、「使用エネルギー」を算出するには、
年度別の使用量(費用金額ではなく量)を把握する必要があります。

  • 電気
  • ガス
  • 水道

また社用車もありますので、
可能ならば、

  • ガソリン

が最低限把握しておきたい内容です。

上記の使用量がわかれば、
エネルギー値を算出することができます。

 



Copyright © 2016-2021 新任取締役の経営手帳 All Rights Reserved.



[関連サイト]
旅ノート | 落書きノート | トラベルPhoto | 趣味の飛行機 | 経営日記


このサイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。

このサイトは、Amazon.co.jpなどを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムの参加者です。