新任取締役の経営手帳

取締役のイロハ/ベンチャー・上場会社の経営/会社法などの法制度/時事話題

どうなる?米国イランの情勢の中小企業への影響

米国イラン情勢の日本の中小企業への影響は?

 

どうなる?米国イランの情勢の中小企業への影響

 

2020年の新年は、米国イランの情勢で、波乱含みので始まりつつあります。

イランの主要モスクに報復のジハード赤旗が歴史上初めて掲揚され、イランが開戦モードとなったそうです。それによると、殺害された司令官の追悼が開けて、米国への攻撃が始めるとかで、実際に1月7日にイランの反撃が起こりました。

 

このような国同士での争いごとが発生すると、いわゆる「地政学的リスク」が急速に高まっていて、経済への影響が心配されます。

とくに日本は、中東からの石油輸入にエネルギー資源を頼っている部分が大きいので、原油価格のインパクトが気になります。

 

実経済以外での金融マーケットでは、しばらくは、

  • 株安:安全資産へのシフトのための株売り
  • 債券高:→金利低下→円高要因
  • ドル売り:→円高要因

という状況が想像できます。

これにより、「円高」に伴う、輸出企業の業績への影響が気になります。

 

もっとも、株式マーケットは、しばらくはリスクオフで下がるものの、その後は株高になりやすいでしょう。戦争は物資等を多く使い、経済への高インパクトにもなるからです。

今回の問題は、1950年代の戦争特需のような、日本経済にとってはプラスの可能性があるのかもしれません。

そうすると、日本の中小企業への影響は、何を心配すればいいのでしょうか。ちょっとわからなくなってきました。

もちろん、平和な世界となることを祈ります。

 

 



Copyright © 2016-2020 新任取締役の経営手帳 All Rights Reserved.



[関連サイト]
旅ノート | 落書きノート | トラベルPhoto | 趣味の飛行機 | 経営日記


このサイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。

このサイトは、Amazon.co.jpなどを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムの参加者です。