新任取締役の経営手帳

取締役のイロハ/ベンチャー・上場会社の経営/会社法などの法制度/時事話題

「翼、ふたたび」:潰れた航空会社が再び飛び立てるか?

 

倒産した航空会社が再起を図るという話で、
社名は架空の航空会社になっていますが、
日本航空・JALを題材にした小説。

話の途中までは、
稲盛和夫先生のフィロソフィー・アメーバー経営を、
社内への啓蒙普及を進めることで、
企業再建を行う様子が描かれる。
社内外で反対勢力がでてきたりなど、
それなりに歴史のある企業での
風土変革の大変さが伝わってくる。

途中から3.11になり、
大きな被害を受けた仙台空港での
被災直後の出来事にフォーカスした話に変わる。

仙台空港には、
他の航空会社スタッフもいるが、
空港で大震災に出くわした、
お客や、空港利用者の親身ある対応は、
風土改革の効果らしい。

そして、そこで小説は終わってしまう。

3.11からの復興と
会社の再建を重ねた話にしたいようだけど、
薄っぺらさを感じてしまった。

史実をベースにしているわりには、
ニュース等の報道内容等を、
つなぎ合わせたような感じで、
あまり踏み込んだ内容でもなく、
重みの物足りなさが原因かもしれない。

企業の上層部よりも、
企業内で働く現場社員にフォーカスされていて、
おそらく、それにはフィクション要素が大いに入っているはずで、
その部分は、生き生きとしたストーリーがあった。

「経済小説」というよりも、「人情小説」に近いかな。

 



Copyright © 2016-2021 新任取締役の経営手帳 All Rights Reserved.



[関連サイト]
旅ノート | 落書きノート | トラベルPhoto | 趣味の飛行機 | 経営日記


このサイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。

このサイトは、Amazon.co.jpなどを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムの参加者です。