新任取締役の経営手帳

取締役のイロハ、ベンチャー、上場会社、会社法・仕組み・概念・手続き、時事話題

企業のAI導入:AIが人間の代わりに経営してくれる?

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

企業にAIが導入すると、どうなるのでしょうか?

 

会社にAIがやってくる
AIが人間の代わりに経営してくれる?

 

 

先日、とあるセミナーで、AI事業をおこなっている会社の概況を聞いてきました。これからの社会に、AIがいろいろと導入されそうで、それが大きなビジネスチャンスにもなっています。

 

「AI(人工知能)」ブーム

今、この「AI」分野は、かなり活発な状況になってきています。

日経新聞などの経済メディアでも、「AI」というキーワードでの記事が、連日のように掲載されていて、ここ1ヶ月ほどの内容をピックアップしてみると、約250件ほどの記事が出てきます

 

  • 鴻海、AI関連に370億円、5年で、郭氏「製造業を刷新」
  • フィリップス、医療・健康を二本柱に、「AIで情報基盤」
  • プリファード、工場ロボ、AIで自ら学ぶ、日立・ファナックと新会社
  • AIシステムで書籍の需要予測、大日本印刷が開発
  • グラブが無人タクシー、まずシンガポール、22年めど、ソフトバンクとAI連携
  • AIで通話テキスト化、SMBC日興、事務負担を軽減
  • 滴滴、北京にAI研究所、配車向けに交通量予測
  • 楽天トラベル、9月に全面刷新、AI使いお薦め表示
  • 不正動画、AIが監視、イー・ガーディアン、著作権侵害やコンプラ違反
  • 伊藤忠、家庭の蓄電にAI、英スタートアップに出資
  • 中小ホテル、AIで応援――省力化の取り組み活発
  • ユニバーサルスペース、介護リフォーム、AIが見積もり
  • 運転手の感情、AIで分析、イライラ→和む音楽再生、ドコモ、「あおり」防止へ開発
  • 出遅れアップル、ファンに照準、AIスピーカー、米英豪で来月発売
  • 富士通、カルテや論文、AIで分析
  • 東大VC、250億円ファンド、自動運転やAIに投資
  • アマゾン、米に無人のAIコンビニ、レジなく自動精算
  • りそな、AIで商品提案、顧客ごと、きめ細かく、3月に新システム

 

 こうして、記事の件名だけ見ていても、いろいろな業界や企業で、AIを取り入れた新サービスに注力し始めていることが感じられます。

 

ここで、ふと気になったのが、ちょっと前にブームだった「ビッグデータ」という単語。あれは、一体どこにいったのでしょうか? 

 

 

「ビッグデータ」ブームは終焉?

その答えがわかりました。

IT専門の調査会社であるガートナーによると、日本におけるITトレンドの状況は、以下のようになっているそうです。

これは、ITトレンドの状況を、黎明期・「過度な期待」のピーク期・幻滅期・啓蒙活動期・生産の安定期というフェイズことにプロットしたものです。

 

f:id:kota-mishima:20180206130737j:plain
出典)ガートナー社・先進テクノロジのハイプ・サイクル:2017年

 

この図をみると、今「ビッグデータ」は「幻滅期」にあるそうです。

「ビッグデータ」の出現時は、「何かすごいことができる」と期待されたものの、使ってみると「こんなものか」と、その期待が高すぎたのか、期待が消化不良になっていて、もったいないので、落としどころを探しているようにも見えます。また、「ビッグデータ」の「安定期」への移行に「10年以上」要すると設定され、他のトレンドと比べて、実用化までかなり遠いように感じます。

 

 

「御社にAIを導入されると、どうなりますか?」

AIにどのような可能性があるのかというブレストのような場で、「御社にAIを導入されると、どうなりますか?」ということを聞かれたことがあります。

会社内の事業プロセスの中に、AIを取り入れる余地は、いろいろとあると思います。導入すれば、効率性は向上するかもしれません。

ふと、事業プロセスではなく、経営の意思決定にAIが入った方が効果が大きいのではないか?と思いました。

 

 

経営の意思決定をAI化

企業の行動、いわゆる経営の意思決定は、同じ事象でも、企業によって、取る行動というのは違います。会社の特性によって、1+1→2だけではなく、1+1→3、1+1→0と決定する会社もあります。

企業ごとの過去の意思決定事例を、AIに学ばせ、そういう判断特性をAIが備えることができれば、意思決定が迅速化されるのではないかと思いました。

たとえば、

  • ソニー式経営のAI
  • トヨタ式経営のAI
  • ソフトバンク式経営のAI

などといった、会社の特性にあったAIが作れるようにも思います。

そうすると、より迅速な効率的な経営ができるのではないでしょうか?

 

 

AIで取締役会が不要に

経営の意思決定をAI化すると、「取締役会」のような機関では、さまざまな議題を検討はする必要はなくなり、AIから出てきた結果を「最終的に決定した」ということだけの、形式上に意思決定を行う場になるでしょう。

今まで、取締役会の開催に長い時間をかけていた会社は、その時間を別のことにあてることができるようになります。

むしろ、人間の取締役がいらなくなるかもしれません。

 

 

経営者のラッダイト運動が起きる?

企業の活動を俯瞰してみると、サービスの提供・商品の製造などを行なっているのが現場で、そこでの活動が収益となります。経営者や管理職というのは、「経営管理」という仕事自体は、原則的に、収益には結びつきません。

AIの導入で、経営者や管理職の仕事が置き換わるようになると、自分の仕事がなくなる可能性が高くなりますので、そうな動きを止めようとする経営者たちが現れるかもしれません。

彼らは、AIの会社導入を反対し、AIに対する破壊活動などを行うかもしれません。

19世紀のイギリスで、産業革命による機械の出現で、自分たちの仕事が奪われると恐れを感じた労働者が、機械を破壊するという運動がおきました。いわゆる「ラッダイト運動」です。

AIの会社導入を反対は、現代版の「ラッダイト運動」です。

逆に、オーナー系企業の経営者などは、自分の仕事をAIが代わりにやってくれ、自分は他のことができるようになると、喜ぶかもしれません。

 

 

AIも「幻滅期」になる?

社会にAIが普及してどうなるのか、これは実際に動かしてみないとわからないことです。

「ビッグデータ」のように、期待だけ高く、使って見たけど、「まあ、こんなものだよね」という風にならないことを祈ります。

 

 



競争に勝つには、意思決定のスピードを上げるしかない
by 永守重信

 

 



Copyright © 2016-2018 新任取締役の経営手帳 All Rights Reserved.



[関連サイト]
旅ノート | 落書きノート | トラベルPhoto | 趣味の飛行機 | 経営日記