新任取締役の経営手帳

取締役のイロハ、ベンチャー、上場会社、会社法・仕組み・概念・手続き、時事話題

起業・創業・ベンチャー

創業ベンチャーは仲が悪い方が成長しやすい?

スタートアップの創業期は、社長が社内でサービスとメンバーに向き合っていた方が成功する by 木下慶彦

はじめての「受取手形」ベンチャー泣かせの支払い方法

発注時の姿勢に甘さがみられる会社には、細心の注意を払うようにしました。手形は受け取らず、毎月現金で払ってもらう。 by 松井 利夫

はじめての「税務調査」を受ける

経営していた会社に、税務調査の連絡が来たときに、その時の対処の仕方について。

ある社長のつぶやき「起業したものの、今日も暇です」

Googleは、常に変わっていき、新しいモデルに適応していく会社だ。by エリック・シュミット

渋沢栄一が実践した、失敗しない起業方法

余はいかなる事業を起こすにあたっても、利益を本位に考えることはせぬ。 by 渋沢栄一

起業資金も大切だけど、経験値を得るのももっと大切

自分で資金を集めたとなれば、こいつは真剣にやろうとしていると判断してもらえるのだ。by 松田 公太



Copyright © 2016-2018 新任取締役の経営手帳 All Rights Reserved.



[関連サイト]
旅ノート | 落書きノート | トラベルPhoto | 趣味の飛行機 | 経営日記